家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器の種類

ケノンの口コミ・評価

ひとことで家庭用脱毛器といっても、様々な脱毛方式の物が存在します。

 

その中でも現在の主流となっているものは

・レーザー脱毛器
・フラッシュ脱毛器
・サーミコン脱毛器

の3つの脱毛方式になります。

 

レーザー脱毛器

一般的にクリニック等の医療機関で行われる脱毛では、このレーザー脱毛が現在の主流となっています。
非常に強力な光を使うため脱毛の効果が高いのが特徴ですが、人によっては耐え難い痛みがあったり、お肌を痛めることもあります。
そのため、通常はクリニックのような医療機関でしか使用できないよう、法律で定められています。
家庭用レーザー脱毛器の場合には、この出力を大幅に弱くして安全に使用できるようにしてありますが、レーザー脱毛の良さである「効果の高さ」が半減してしまいます。
他の脱毛方法と比較するとその効果は高めですが、痛みや肌トラブルの危険性もあります。
また、1照射当たりのパワーは強い反面、照射範囲が狭くなるのも特徴です。

 

フラッシュ脱毛器

現在、脱毛サロンで行われる脱毛方法の大半は、このフラッシュ脱毛です。
脱毛の仕組み自体はレーザー脱毛と同じようなものですが、フラッシュ脱毛の場合にはレーザーよりも弱めです。
しかし、1照射で広範囲の施術が可能で、痛みや肌トラブルが少なく、安全な脱毛方法であるのが特徴です。
そのため、レーザー脱毛よりは効果が出るのが遅めになってしまいます。
使いやすさや安全性を重視する場合、広い範囲を同時に脱毛したい場合には最も良い脱毛方法であり、このような事が脱毛サロンが人気になっている秘密だと言えます。

 

サーミコン脱毛器

サーミコン脱毛器は、サーミコンと呼ばれる熱線の熱を利用した脱毛方法です。
サーミコンより発せられる熱が、ムダ毛を焼いていきます。
この方法では、サーミコン本体と触れたムダ毛だけが焼かれるため、毛の再生能力を破壊する効果は無く、「脱毛」というよりは「除毛」と言ったものになります。
感覚としては、カミソリやシェーバーでの処理と同じようなものになるために、自己処理と同様の頻度での施術が必要になります。
しかし、比較的安価で手に入れることができることや、カミソリ、シェーバーに比べてお肌に負担を掛けないことが特徴です。

 

上記のように、3種類の脱毛器それぞれに良い所、悪い所が存在します。
自分の用途に合ったもの、理想に近いものを選ぶようにしましょう。

 

ケノン 口コミ

提携サイト

関連ページ

子供の毛深い悩みには
最近増えている、子供の毛深い悩み。いじめなどのトラブルに繋がる恐れもあるために、親としてはなるべく早く対処したいですよね。ここでは、そんな子供の毛深い悩みについてお話しします。
家庭用脱毛器で永久脱毛は可能なの?
永久的に脱毛の効果を得られる、永久脱毛。 家庭用脱毛器では、永久脱毛をすることが可能なのでしょうか?